初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Repsol Honda

マルケス「良い感じを掴み始めた」

前戦で2番グリッドから2位で2戦連続の表彰台、オフィシャルテストで2番手だった後、初日は連続の2番時計。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第5戦フランスGP初日のフリー走行1で2番手。フルウェットのトラックコンディションとなったフリー走行2は、トップタイムから0.043秒差の2番手に入り、初日は1.288秒差の総合2番手。

「どのような気象状況に対して、しっかりと準備を整えることが重要。良い始まりとなったことはポジティブだ」

「ルマンは、どのような気象状況に対して、しっかりと準備を整えることが重要だから、良い始まりとなったことはポジティブだ。午前はハーフウェットのコンディションで、終盤に向かって乾いて行き、スリックタイヤを履くことができた。フィーリングは良かったけど、フルウェットとなった2度目のプラクティスで速く走れたことが重要だ。」

「雨に向けて、セッティングの仕事を少し取り組み、2度目のコースインからバイクの良い感じを掴み始めた。明日の天候を見てみよう。ドライになるようだ。決勝レースはドライになることが予想されているから、セッティングが重要となる。新しい路面は素晴らしい。少なくても、ウェットで確認した。グリップはすごく良いけど、タイヤを温めるのは簡単ではない」と、初日を振り返り、上々の出だしとなったことを説明した。

初日インタビュー