Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By Ducati Team

ロレンソ「現実的なポジションはトップ8だ」

今季3度目となった公式予選1を突破できず、今季2度目の6列目から巻き返しを誓う。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第5戦フランスGPの公式予選で、第3戦アメリカズGP以来、今季3度目の公式予選1で6番時計。明日の決勝レースを今季2度目の6列目から迎える。

初日に総合17番手だった後、2日目は、フリー走行3で最後尾の23番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、今季3度目の転倒を喫したが、1分34秒台を4回記録して18番手。

「あと15分ほど走行時間があれば、コンマ3、4秒ほどラップタイムを短縮することができたはずだ」

「不運にも午前と午後の天候が影響してしまった。雨で戦闘力を感じていたけど、スリックタイヤに履き替えたとき、トラックにはまだ濡れているとこるがあり、十分に安全を感じられなかったから、プッシュすることができなかった。公式予選1は多くの速いライダーたちがいて、グッドなラップタイムをマークしたにも関わらず、公式予選2に進出できなかった。」

「残念だけど、あと15分ほど走行時間があれば、コンマ3、4秒ほどラップタイムを短縮することができたはずだ。ドライでの僕の現実的なポジションはトップ8だと考える。今、唯一できることは、セットアップを改良するために、明日のウォームアップ走行を利用し、決勝レースでポジションをアップすることだ」と、公式予選2に進出できなかった理由を説明し、気持ちを切り替えて明日のレースに臨むことを語った。