Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Aprilia Racing Team Gresini

エスパルガロ兄「エンジンが... これもレース」

今季3度目のシングルフィニッシュを目前に、2015年に復帰してから初めてエンジントラブルが発生。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアレイシ・エスパルガロは、第5戦フランスGPの決勝レースで、18番グリッドから8番手走行中のラスト5ラップにエンジンがストップ。転倒リタイアを喫した第2戦アルゼンチンGPに続き、今季2度目のリタイアを強いられた。

「僕たちのペースは非常に戦闘的だった」と、3週間前に実施したプライベートテストに手応えを掴み、オフィシャルテストを経由して、ルマンに乗り込むと、フリー走行1から22番手、11番手、20番手、9番手。3戦連続の公式予選1で8番手。ウォームアップ走行で9番手だった後、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを選択。

「チームと僕は継続して100%を尽くして行く。ここまでのように、ノーストップで仕事に取り組んで行こう」

「難しいレースだった。遠いとことからのスタートは、ものごとが簡単に行かない。トップ10入りのバトルには、最大の集中力が要求され、僕は週末を通じて100%を発揮する必要があり、レースでは戦闘力があった。ミラーを抜いた後、ロレンソを捕まえようと、非常に速く走っていたけど、あと数ラップのところで、不運にもエンジンが故障してしまった。」

「本当に残念けど、これもレース。僕たちが信じるように、予選の順位を上げるための仕事を進める。チームと僕は継続して100%を尽くして行き、ここまでのように、ノーストップで仕事に取り組んで行こう」と、期待通りの結果が得られなかったレースを振り返り、気持ちを切り替えた。

Bad luck again! Fighting for top 6 and engine has broke... / Mala suerte de nuevo! Luchando por el top 6 y el motor se ha roto... ????

Aleix Espargaroさん(@aleixespargaro)がシェアした投稿 -