Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Repsol Honda

マルケス「新しいフロントタイヤの方が快適」

デビュー当時に知り合った故ヘイデンの思い出を振り返り、ムジェロから供給されるフロントタイヤに期待。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、前戦フランスGPで今季2度目の転倒リタイアを喫し、総合4位に後退した後、24日にホームレースとなる第7戦カタルーニャGPの開催地、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットでプライベートテストを実施。今週末は、2013年と2015年に転倒リタイア、2014年にポールポジションから優勝、昨年ゴールライン直前で逆転を許したが、2位表彰台を獲得したムジェロ・サーキットで、ポイントリーダーとの27ポイント差を詰めに行く。

「テストの準備をしているところで、ニッキーのニュースが飛び込んで来た。彼は偉大なライダー、素晴らしい人だった。僕がデビューした15歳のとき、既にワールドチャンピオンだった彼と一緒にスポンサーのイベントに参加したことを思い出す。僕の英語力はそれほど良くなかったから、彼は懸命にスペイン語で話しかけてくれた。すごく楽しかったし、身近に感じた。まるで弟のように接してくれた。それに、昨年はフィリップアイランドでボックスを共有する機会があり、レース後には一緒にビックなパーティーを楽しんだ。」

「先週水曜のテストに関しては、セットアップの仕事に取組み、ムジェロから使用する新しいフロントタイヤを試した。フロントの挙動が縮小され、ラップ中のフィーリングはコンスタントだった。レース距離の挙動を理解する必要があるけど、僕のライディングスタイルから、このタイヤの方が快適さが見つかる。ムジェロで役立ってくれることを期待する」と、故ニッキー・ヘイデンの思い出とプライベートテストを振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

Mugello 2014 - MotoGP - RACE - Highlights