Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By motogp.com

フリー走行3:パシーニが2009年以来の1番時計

クラス最年長、最多参戦を誇る地元出身のパシーニが快走の1番手。中上、コルシ、モルビデッリ、マルケスがトップ5入り。

Moto2™クラス‐フリー走行3

第6戦イタリアGPのフリー走行3は3日、ムジェロ・サーキットで行われ、総合13番手のマティア・パシーニが2009年10月の第15戦オーストラリアGP以来、Moto2™クラスクラスで初めてトップタイムをマーク。フリー総合1番手に進出した。

気温25度、路面温度43度のドライコンディションの中、初日総合4番手のパシーニは、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分52秒台を9回、1分51秒台を1回記録。1分51秒963の1番時計を刻めば、初日総合2番手の中上貴晶は、2度のコースインで19ラップを周回して、1分52秒台を11回記録して、0.192秒差の2番手を維持。

初日総合5番手のシモーネ・コルシは、2度のコースインで19ラップを周回して、1分52秒台を11回記録して、0.214秒差の3番手。初日総合3番手のフランコ・モルビデッリは、0.272秒差の4番手、総合5番手。初日総合1番手のアレックス・マルケスは、0.514秒差の5番手、初日のラップタイムで総合4番手。初日総合17番手のチャビ・ビエルゲ、初日総合16番手のアクセル・ポンス、初日総合8番手のミゲール・オリベイラ、初日総合11番手のルカ・マリーニ、初日総合9番手のトーマス・ルティがトップ10入り。

初日総合29番手の長島哲太は、18ラップを周回して2.001秒差の29番手だった。