Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「ポジティブなレースにしたい」

スズキが2年前にポールポジション、昨年4位に進出したバルセロナで、上位陣への接近を目指す。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、ホームレースとなった前戦イタリアGPで、体調不良の中で16番グリッドから攻めの走りで上位に進出したが、タイヤが消耗してからはブレーキングに苦しみ、コーナースピードを活かすことが出来ずに2戦連続の10位。総合15位から14位に浮上すると、今週末は、転倒リタイアを喫したバルセロナ-カタルーニャ・サーキットで、解決策を模索し、上位陣への接近を目指す。

「バルセロナは好きなトラック。僕たちのGSX‐RRのキャラクターに適応できるだろう。ハイコーナリングスピードの構える高速トラックはスリリングだ。戦闘的になるところが見たい。ムジェロでは幾つかの改良を遂げ、自信がある。レース後にはテストがある。僕たちは走る度に強くなっている。ポジティブなレースにしたい」と、週末の抱負を語った。