Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Repsol Honda

マルケス「グッドなベースのセットアップがある」

昨年4月の第3戦アメリカズGP以来となる初日連続の最速時計を刻み、今季2度目の初日総合1番手発進。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第7戦カタルーニャGPの初日に、フリー走行1で昨年10月の第17戦マレーシアGP以来、今季初めて1番手発進。フリー走行2は、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分45秒台を6回、1分44秒台を2回記録。今季11度目の1番時計を刻み、第3戦アメリカズGP以来、今季2度目となる初日総合1番手に進出した。

「明日、リアのハードタイヤを試し、どれが最善であるかを理解したい」

「2週間前にテストを実施したことで、グッドなベースのセットアップがあり、今日はバイクの良いフィーリングがあった。午後は幾つかの変更を試したけど、最終的にテストのセットアップを戻した。最後のコースインで新品タイヤを履き、上手く走れた。明日が楽しみ。」

「明日はリアのハードタイヤを試し、レースに向けて、どれが最善であるかを理解したい。今日と同じようなレベルを維持しよう。新しいレイアウトは違う。以前より自然だけど、最終的には同じトラック。まだ楽しめる」と、1番手に進出した初日を振り返った。

初日インタビュー