Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By motogp.com

昨年使用したシケインに変更

セーフティ委員会を経て、レースディレクションは、昨年使用したシケインに戻すことを決断

セーフティ委員会は、第7戦カタルーニャGPの初日終了後、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットのパドック内で定例の会議を行い、新しいレイアウトに関して議論。レースディレクションは、多くのライダーたちが懸案の理由とした新しいレイアウト、シケインの路面に対して、十分な安全が確保されないと判断し、昨年の2日目と決勝レースで使用したシケインに戻すことを決断した。

レースディレクションのメンバー、ロリス・カピロッシは、「セーフティ委員会では、ライダーたちが新しいレイアウトに関して、多少の不満があることを説明してくれました。彼らは、正しく仕事が行われず、バンプーが多いことを訴えたことから、昨年のレイアウトに戻すことを決めました。」

「我々は、明日、トラックが使用されることを確保するために、この場に来ました。今日のプラクティスでは、多くの転倒が発生し、バイクがコーナーの出口でトラック上に横転した状態で残ってしまうことを目撃しました。これは非常に危険です。我々は古いシケインの経験があり、今日のような転倒は発生しませんでした。これはライダーたちのリクエストでした。クラッシュに関しては、古いシケインの方がベターです」と、説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

レイアウトの変更