Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

公式予選:ペドロサが今季2度目のポールポジション奪取

地元出身のペドロサが優勝したヘレスに続いて2度目のトップグリッド。ロレンソとペトルッチが今季の最高位。マルケスは2度目の転倒で4番手。ビニャーレスは9番手。

第7戦カタルーニャGPの公式予選は10日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、総合5位のダニ・ペドロサが週末2度目、今季6度目のトップタイムをマーク。ポール・トゥ・フィニッシュを決めた第4戦スペインGP以来今季2度目、最高峰クラスで30度目、当地で2014年以来4度目、キャリア通算48度目となるポールポジションを奪取した。

気温30度。路面温度51度のドライコンディションの中、フリー走行3で2番手のペドロサは、フリー走行4で今季5度目の転倒を喫したが、今季5度目の1番時計。公式予選2は、1分43秒870の1番時計を刻めば、フリー走行3で6番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で7番手、公式予選2で0.331秒差の2番手に入り、今季の最高位に進出。

フリー走行3で9番手のダニロ・ペトルッチは、フリー走行4で9番手、公式予選2で0.350秒差の3番手に入り、通算89戦目で初の1列目を獲得。

フリー走行3で週末3度目の1番手に進出したマルク・マルケスは、フリー走行4で週末2度目、今季10度目の転倒を喫した後に3番手まで挽回。公式予選2は、転倒を喫した後に、最後のタイムアタックで最速ラップを刻んでいたが、週末4度目、今季12度目の転倒を喫して、0.450秒差の4番手。

フリー走行3で4番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行3で10番手のエクトル・バルベラ、フリー走行3で5番手のアンドレア・ドビツィオーソが2列目に進出。フリー走行3で11番手のジョナス・フォルガーは、フリー走行4で4番手、3戦連続の公式予選1で1番手、公式予選2で8番手。

フリー走行3で13番手のマーベリック・ビニャーレスは、フリー走行4で15番手だった後、2015年11月の最終戦バレンシアGP以来となる今季初めての公式予選1で2番手。公式予選2は、0.750秒差の9番手に入り、年間最速者を決定するBMW・M・アワードで総合1位を維持。

フリー走行3で3番手のアルバロ・バウティスタは、週末3度目、今季8度目の転倒が影響して10番手。フリー走行3で8番手のスコット・レディングは11番手。フリー走行3で7番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で今季5度目の転倒を喫したが2番手に進出すると、公式予選2は12番手。

フリー走行3で15番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で5番手だった後、第2戦アルゼンチンGP以来となる今季2度目の公式予選1で3番手。

フリー走行3で16番手のヨハン・ザルコは、3戦連続4度目の公式予選1で4番手。フリー走行3で18番手のジャック・ミラーは5番手。フリー走行3で12番手のカル・クラッチローは、フリー走行4で 番手だった後、2戦連続の公式予選1で週末2度目、今季10度目の転倒を喫して7番手。

フリー走行3で22番手のブラッドリー・スミスは、フリー走行4で今季2度目の転倒を喫した際に左手小指を負傷。バルセロナ市内の大学病院に搬送され、手術を受けることになり、今大会を欠場することになった。

MotoGP™クラス‐公式予選2