Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

公式予選:マルケスが地元でポールポジション

レイアウト変更後に1番手だったマルケスが中量級初優勝を挙げたヘレスを再現するようにトップグリッド。パシーニ、バルダッサーリ、中上、ルティ、モルデビッリが続き、長島は17番手。

第7戦カタルーニャGPの公式予選は10日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで行われ、総合3位のアレックス・マルケスが週末2度目、今季9度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP以来今季2度目、キャリア通算5度目のポールポジションを奪取した。

気温29度。路面温度31度のドライコンディションの中、フリー走行3で1番手に進出したマルケスは、3度のコースインで ラップを周回すると、1分50秒台を 回、1分49秒台を 回記録。1分49秒408の1番時計を刻み、

フリー走行3で2番手のマティア・パシーニは、3度のコースインで17ラップを周回すると、1分50秒台を3回、1分49秒台を2回記録して、0.107秒差の2番手に入り、2戦連続3度目の1列目を獲得。

フリー走行3で14番手のロレンソォ・バルダッサーリは、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分50秒台を5回記録して、0.644秒差の3番手に入り、今季初めての1列目に進出。

フリー走行3で6番手の中上貴晶は、ラップを周回して0.793秒差の4番手。フリー走行3で10番手のトーマス・ルティは、0.798秒差の5番手。フリー走行3で9番手のフランコ・モルビデッリは、0.863秒差の6番手。フリー走行3で7番手のミゲール・オリベイラ、フリー走行3で3番手のホルヘ・ナバーロ、フリー走行3で15番手のアクセル・ポンス、フリー走行3で24番手のイサック・ビニャーレスがトップ10入り。

フリー走行3で26番手の長島哲太は、今季5度目の転倒を喫して1.404秒差の17番手だった。

Support for this video player will be discontinued soon.

Moto2™クラス‐公式予選