初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Monster Yamaha Tech3

フォルガー「異なるシャーシを試した」

トップグループを追走したパフォーマンスを維持するように、テストプログラムに取り組みながら3番手に進出。

モンスター・ヤマハ・テック3のジョナス・フォルガーは、12日、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットで開催されたオフィシャルテストに参加。仕様が異なるシャーシの比較検証を中心に、セッティングとサスペンションのテストプログラムに取り掛かり、5コーナーで転倒を喫したが、8度のコースインで43ラップを周回すると、1分46秒台を8回、1分45秒台を10回記録し、0.901秒差の3番手に進出。

「今回のメインテーマは、シャーシテスト。ブレーキングで安定感があるけど、ターンニングで少し失ってしまう」

「テストは本当に良かった。異なるシャーシを試した。これが今回のメインテーマで、テストをしたことが嬉しい。ブレーキングで安定感があるけど、ターンニングで少し失ってしまう。不運だけど、全体的にはポジティブ。ノーマルなシャーシに戻して、レース終盤の助けとなるエンジンマッピングの仕事に取組み、パワーデリバリーがスムーズになることが見つかった。」

「チームと僕は、幾つか使えることを見つけた。アッセンで使用できるだろう。タイヤの空気圧を少し探ってみたけど、それを低くしたときに転んでしまった。シリアスなことなかったけど、この分野の変更は、僕たちには機能しないことが分かった。全体的に、幾つかの問題があったムジェロの後で、しっかりとした週末となり、ビックステップを果たした。僕たちは素晴らしいやり方で仕事を進めている。次戦が楽しみだ」と、テスト内容を説明した。