Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「自信を持ってアッセン入り」

困難だった通算200戦目の後で実施したテストで理解度が高まり、明白なアイデアを持ってオランダ入り。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、前戦カタルーニャGPで12番グリッドから16位だった後、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加、プライベートテストを実施。方向性を確認する目的で使用可能だったアイテムの検証と日本から持ち込まれた新しいアイテムのテストに取り組み、今週末は、最高峰クラスに進出した2013年から13位、6位、4位、5位だったTTアッセン・サーキットで、第3戦アメリカズGP以来、今季2度目のシングルフィニッシュを目指す。

「バルセロナで実施したテストの後で、より自信を持ってアッセンに乗り込む。幾つか重要なことを把握し、弱点をより理解したから、アッセンでは直ぐにそれらを補う仕事に取り掛かれる。トラックは僕たちのバイクに適応するようだ。ハードブレーキングのポイントは少なく、コーナリングスピードと方向転換の敏捷性が必要とされる。それらはGSX‐RRの強みだ。上位争いに戻れることを期待する」と、明白なアイデアを持って週末に挑むことを説明した。