Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「今日はいつものフィーリング」

2日間のテストで試したニューシャーシを投入。フィーリングを取り戻し、6戦ぶりに初日総合1番手に進出。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第8戦TTアッセンの初日にフリー走行1で12番手。フリー走行2は、3度のコースインで20ラップを周回すると、1分34秒台を最多の8回、1分33秒台を最多の4回記録して今季13度目の1番時計。第2戦アルゼンチンGP以来、今季2度目となる初日総合1番手に進出した。

「最初のラップからセッションの最後まで、いつもの強さがあった。シーズン序盤の快適さが戻ったことは良いことだ」

「シャーシに関しては、チームに質問して欲しい。何も言えないけど、今日はいつものフィーリング。最初のラップからセッションの最後まで、いつもの強さがあった。嬉しい。セッションを制して、レースで強さがあったシーズン序盤の快適さが戻ったことは良いことだ。ここでは、最初からグッドなセットアップがあり、特に電子制御の良い仕事をした。」

「3タイプのリアタイヤを試した。3つともバイクは良く機能した。今週末は、リアタイヤの耐久があることが分かっている。グッドなグリップがある。重要なのは、明日フロントタイヤを試すこと。」

「新しいシャーシが機能すれば、それを使用することになるだろう。もし、ちょっとした改良があれば、レースで使用しなければいけない。それがコンマ1秒であっても、レースでは数秒となる」と、好感触を得た初日の仕事内容を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

初日インタビュー

✊????????????❗ #mvk25 #mv25 #25gang ???? @motogp

Maverick Viñales Officialさん(@maverickvinales25)がシェアした投稿 -