Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「バイクのバランスが良くなかった」

今季初優勝から5日後、ドライで16番手、ウェットで15番手。課題はニューシャーシを搭載したバイクのバランス。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第9戦ドイツGPの初日に、ドライコンディションのフリー走行1で、7ラップ目に技術的な問題が原因でバイクが止まり、トップタイムから0.936秒差の16番手。ウェットコンディションのフリー走行2は、1.434秒差の15番手。初日は総合16番手だった。

「フリー走行1でフロントタイヤのフィーリングがなく、グッドなラップタイムをマークすることができなかった。ウェットにおけるバイクのバランスを改良しなければいけない」

「僕は全てのコンディションで遅かったから、難しい1日となってしまった。特にウェットで非常に苦しかった。バイクのバランスが良くなかったと考える。ドライでは、ペースが少し良かったけど、最高ではなかった。フリー走行1の最後の走行で、フロントタイヤのフィーリングがなく、トップ10以内に進出するためのグッドなラップタイムをマークすることができなかったのは残念。」

「明日の朝、フリー走行3がドライセッションになることを願う。そうでなければ、誰にとっても悪夢のような後方からのスタートとなるから、非常に難しくなってしまうだろう。新しい路面でバイクを走らせるのが非常に難しいから、ウェットにおけるバイクのバランスを改良しなければいけない。通常、ウェットでは僕たちは強いけど、今日はトップから大きく離されてしまったから、修正が必要だ」と、16番手と15番手だった理由を説明した。