初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

シーズンソーファー~4人が総合1位に飛び出した前半戦

昨年9人が優勝を挙げた歴史的な記録が樹立した後、今年は前半戦が終了して5人が優勝し、4人がポイントリーダーに飛び出した。

Tags MotoGP, 2017

チャンピオンシップ68年目の2016年、電子制御(共通ソフトウェア)の導入、オフィシャルタイヤサプライヤーの変更、気象状況など幾つかの要因で、9人が優勝を挙げる歴史的なシーズンが演じられた後、2017年は、前半戦が終了した時点で、歴史的な接戦が展開され、上位4人が僅か10ポイント差、5人が26ポイント差に接近。

マルク・マルケス: サーキット・オブ・ジ・アメリカズとザクセンリンクで最高峰クラスに進出してから5年連続となるポール・トゥ・ウインを達成。絶対的な強さを誇示

オープニングランドの開幕戦カタールGPで優勝を挙げたのは、スズキからヤマハに移籍した22歳のスペイン人ライダー、マーベリック・ビニャーレス。昨年11月のオフィシャルテストから連続して総合1位に進出して来た速さで、序盤2連勝を達成すれば、第3戦アメリカズGPを制したのは、24歳のスペイン人ライダー、マルク・マルケス。初開催の2013年から5年連続となるポール・トゥ・ウインを達成し、アメリカにおける絶対的な強さを誇示。

マーベリック・ビニャーレス: スズキからヤマハに移籍後、シーズン最多となる3勝を挙げ、ポイントリーダーから5ポイント差の総合2位に進出。

ヨーロッパウンドの緒戦となった第4戦スペインGPを飾ったのは、31歳のスペイン人ライダーのダニ・ペドロサ。キャリア2年目の2002年から16年連続となる優勝を挙げれば、第5戦フランスGPでは、ビニャーレスがシーズン3勝目。シーズン初の2連勝となった第6戦イタリアGPと第7戦カタルーニャGPで主役を飾ったのは、31歳のイタリア人ライダー、アンドレア・ドビツィオーソ。イタリアアンバイクを駆けるイタリア人として、初めて地元ムジェロ・サーキットで歴史的な優勝を挙げ、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットでは地元スペイン勢を抑え、キャリア16年目で初の2連勝を達成。

アンドレア・ドビツィオーソ: イタリアアンバイクを駆けるイタリア人として、初めてムジェロ・サーキットで優勝を飾り、6ポイント差の総合3位に位置。

チャンピオンシップ初開催の1949年から唯一毎年開催される伝統の舞台、TTアッセン・サーキットで開催された第8戦TTアッセンでは、チャンピオンシップ最年長、38歳のイタリア人ライダーが19戦ぶりに優勝を挙げ、最高峰クラス89勝目、キャリア通算115勝目に到達。前半戦の締め括りとなった第9戦ドイツGPでは、マルケスがシーズン2勝目を挙げ、2010年から8年連続となるポール・トゥ・ウインで、歴史的な記録を刻んだ。

バレンティーノ・ロッシ: 連続表彰台で総合1位、伝統の舞台で19戦ぶりの優勝。通算10度目となるタイトル獲得に向け、射程圏内の10ポイント差で追う。

前半戦で5人が優勝を挙げた一方、ファクトリーサポートを受けるカル・クラッチローとダニロ・ペトルッチ、ヤマハからドゥカティに移籍したホルヘ・ロレンソ、中量級から昇格してきたヨハン・ザルコとジョナス・フォルガーが表彰台を獲得。

KTMの新規参戦により、6メーカーが揃ったコンストラクターズ部門は、2年ぶりとなるタイトル奪回を狙うヤマハが首位。2連覇を目指すホンダが18ポイント差、2007年以来2度目のタイトル獲得に挑戦するドゥカティが32ポイント差で追う。

チャンピオンシップは、4週間のサマーブレイクを経て、ブルノ・サーキットこと、アウトモトドローム・ブルノで後半戦の緒戦となる第10戦チェコGPで再スタートする。

推奨記事