初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By motogp.com

ヤマハがコンストラクター部門&チーム部門で首位

ヤマハがホンダに18ポイント差、モビスター・ヤマハがレプソル・ホンダに11ポイント差。ドゥカティは3番手。

Tags MotoGP, 2017

前半戦最後となった第9戦ドイツGPを終え、チャンピオンシップのライダー部門は、前年度王者のマルク・マルケスが今季初めて総合1位に飛び出せば、コンストラクター部門では、2年ぶり通算15度目のタイトル奪還を目指すヤマハが、開幕戦カタールGPから総合1位を維持。2年連続23度目のタイトル連覇を狙うホンダは、18ポイント差で追う。

チーム部門は、バレンティーノ・ロッシ&マーベリック・ビニャーレスの体制に変更したヤマハのファクトリーチーム、モビスター・ヤマハ・MotoGPが、3年連続8度目のタイトル連覇に向けて開幕から総合1位を維持。マルク・マルケス&ダニ・ペドロサの体制を継続したホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダは、3年ぶり8度目のタイトル奪回を目指し、前戦のダブル表彰台で11ポイント差に接近。

ドゥカティは、コンストラクター部門とチーム部門で、2007年以来10年ぶり2度目のタイトルを目指し、それぞれ総合3位に進出する。

コンストラクター部門
 
1. ヤマハ: 184ポイント
2. ホンダ: 166ポイント (-18ポイント)
3. ドゥカティ: 152ポイント (-32ポイント)
4. スズキ: 35ポイント (-149ポイント)
5. アプリリア: 344ポイント (-150ポイント)
6. KTM: 16ポイント (-168ポイント)
チーム部門

1. モビスター・ヤマハ・MotoGP: 243ポイント
2. レプソル・ホンダ: 232ポイント (-11ポイント)
3. ドゥカティ・チーム: 188ポイント (-55ポイント)
4. モンスター・ヤマハ・テック3: 155ポイント (-88ポイント)
5. オクト・プラマック・レーシング: 99ポイント (-144ポイント)
6. LCR・ホンダ: 64ポイント (-179ポイント)
7. プル&ベア・アスパル・チーム: 64ポイント (-179ポイント)
8. エストレージャ・ガリシア・マーク・VDS: 64ポイント (-179ポイント)
9. レアーレ・アビンティア・レーシング: 52ポイント (-191ポイント)
10. チーム・スズキ・エクスター: 36ポイント (-207ポイント)
11. アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ: 34ポイント (-209ポイント)
12. レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング: 22ポイント (-221ポイント)

推奨記事