初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

ロッシが最年長優勝ランキングで歴代7位に浮上

38歳と129日目で優勝を挙げ、2002年に始まったMotoGP™クラスにおいて最年長優勝記録を更新。

Tags MotoGP, 2017

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、キャリア通算356戦目となった第8戦TTアッセンでシーズン初優勝を飾り、トロイ・ベイリスが2006年11月の最終戦バレンシアGPで記録したMotoGP™クラスの最年長優勝記録を更新。最高峰クラスにおいて、ランク9位から7位に浮上した。

最高峰クラスの最年長優勝者は、イギリス・スコットランド出身のファーガソン・アンダーソン。バルセロナのモンジュイックで開催された1953年10月の最終戦スペインGPでモト・グッツィを走らせて優勝を挙げれば、チャンピオンシップの最年長優勝は、イギリス出身のアーサー・ウィーラー。ブエノスアイレスのアウトドローモ・オスカル・アルフレード・ガルベスで開催された1962年10月の最終戦アルゼンチンGPでモト・グッツィを駆け、46歳と70日で優勝を飾った。

最年長優勝ランキング~最高峰クラス

1. ファーガソン・アンダーソン (イギリス): 44歳と237日
2. ジャック・フィンドレイ (オーストラリア): 42歳と85日
3. レスリー・グラハム (イギリス): 41歳と21日
4. ジャック・アハーン (オーストラリア): 39歳と327日
5. ハロルド・ダニエル (イギリス): 39歳と240日
6. フランタ・スタストニィ (チェコ): 38歳と247日
7. バレンティーノ・ロッシ (イタリア): 38歳と129日
8. ネッロ・パガーニ (イタリア): 37歳と328日
9. トロイ・ベイリス (オーストラリア): 37歳と213日
10. フィル・リード (イギリス): 35歳と235日