Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By motogp.com

イデミツ・アジア・タレント・カップ~ジャン・オンジュが2連勝

埜口が総合1位を堅守。山中が総合4位から3位に浮上。オンジュ兄が2連勝で総合6位から4位に躍進。

イデミツ・アジア・タレント・カップの4戦目となるマレーシア・セパン大会は、週末にマレーシアの国内選手権、マレーシアン・スーパーバイク選手権の併催として、セパン・インターナショナル・サーキットで開催。レッドブル・ルーキーズ・カップでポイントリーダーに進出する総合6位のジャン・オンジュ(トルコ/14歳)が、ポールポジションから第1レースで初優勝、第2レースで2連勝を挙げ、14ポイント差の総合4位に浮上した。

第1レースは、前戦日本・鈴鹿大会で自己最高位の2位を獲得した地元出身のアズロイ・アヌア(マレーシア/17歳)が6番グリッドから2レース連続となる2位に進出すれば、ジェリー・サリム(タイ/20歳)は、5番グリッドから今季初の表彰台となる3位を獲得。

第2レースは、第1レースで6位だったデニス・オンジュ(トルコ/14歳)が3番グリッドから2位。第1レースで5位だった山中琉聖(15歳)は、2番グリッドから今季4度目となる表彰台を獲得。

他の日本勢は、前戦日本・鈴鹿大会で総合1位に飛び出した埜口遥希(16歳)が4番グリッドから4位と5位。平間光司(16歳)は、7番グリッドから7位と転倒リタイア。中島元気(18歳)は、14番グリッドから8位とリタイア。鈴木大空翔(14歳)は、11番グリッドから9位と11位。鈴木光来(16歳)は、16番グリッドから12位と10位。斉藤魁(16歳)は、17番グリッドから13位と17位。

チャンピオンシップは、2戦4レースを残し、埜口が13ポイントと11ポイントを加算して総合1位を維持。デニス・オンジュは9ポイント差、山中は13ポイント差に接近した。

次戦は、ツインリンクもてぎで開催。第1レースは10月14日、第2レースは15日に行われる。

Podium RACE1! 1,2,3???? #asiatalentcup #idemitsu #sepangcircuit

Asia Talent Cupさん(@asiatalentcup)がシェアした投稿 -

推奨記事