Tickets purchase
VideoPass purchase
News
21 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「タフなチャレンジを始めよう」

前半戦の成績が原因でサマーブレイク中にメディアの主役を飾ったが、後半戦の緒戦から仕切り直しを図る。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、前戦ドイツGPで今季3度目の転倒リタイアを喫し、総合15位から16位に後退。今週末は、昨年8位に進出したアウトモトドローム・ブルノで、最高峰クラス初優勝を挙げた次戦オーストリアGPを視野に今季5度目のトップ10入り、今季3度目の1桁進出を目指す。

「レースに戻れることが嬉しい。ザクセンリンクでの土曜に僕のGSX-RRにとって何か重要なことを発見でき、フィーリングが良くなり、自信を持って走れるようになったから、ワクワクする。このサマーブレイクを利用してトレーニングを沢山積んだ。精神面を落ち着かせるために休息も取ったけど、目標はフィジカルトレーニングに専念すること。完璧に集中している。」

「ブルノは好きなトラックだから、ここから始められることが嬉しい。後半戦は前半戦よりも良い結果を挙げなければいけない。チームは僕と同じようにポジティブなリザルトの獲得を期待している。タフなチャレンジを始めよう。僕たちのパフォーマンスとリザルトを良くしなければいけないけど、成功するポテンシャルがある」と、後半戦からの巻き返しを誓った。

Training time ! ✌???????????? #maniac #ai29

Andrea Iannoneさん(@andreaiannone)がシェアした投稿 -