Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「ブレーキをかけなければ激突していただろう」

バイク交換の際に他車との接触を回避して転倒した後、最終ラップにレース中のベストラップをマーク。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、第10戦チェコGPの決勝レースで、今季のワーストとなる20番グリッドから2ラップ目に14番手まで挽回。3ラップ目の終わりにバイク交換を決断すると、隣のピットボックス手前からバイク交換を終えたアレイシ・エスパルガロに出くわしたことから、激突を回避するためにブレーキをかけたが、その直後に転倒。

レースに戻った4ラップ目の時点で、トップから1分18秒差の22番手だったが、1分58秒台のペースを刻み、最終ラップにはレース中のベストラップをマーク。1分23秒遅れの19位でフィニッシュした。

「アレイシ・エスパルガロとの接触を回避するためにブレーキをかけたけど、それが丁度、排水格子の上だった」

「グッドなスタートを切れたと考える。序盤のポジションに満足。グッドなレースができただろう。ピットに入ったとき、アレイシ・エスパルガロがバイクを交換して出て行くという不運な状況に出くわしてしまった。接触を回避するためにブレーキをかけたけど、それが丁度、排水格子の上だった。そうしなければ、激突していただろう。」

「このような場合に関する規則は明白で、レースディレクションは対応を講じた。僕としては、あれ以上のことはできなかった。とにかく、あの問題が発生しなかったとしても、バイクはドライのセットアップが整っていなかった。これは運が悪かったというのではない。」

「日本では懸命な作業が進み、僕に戦闘的なバイクを提供しようと努力している。明日は非常に重要なテストが控えている。将来に向けて、どのような改良ができるのか理解しよう」と、アクシデントを説明し、オフィシャルテストの重要性を強調した。