Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Red Bull MotoGP Rookies Cup

レッドブル・ルーキーズ・カップ~オンジュ兄弟が優勝

前戦ドイツ大会を再現するようにトルコ出身の双子、オンジュ兄弟が第1レースと第2レースで優勝。

レッドブル・ルーキーズ・カップは週末、アウトモトドローム・ブルノで第4戦チェコ・ブルノ大会が、第10戦チェコGPの併催として開催され、12か国から23名が参戦。第1レースはジャン・オンジュ(トルコ/14歳)、第2レースは デニス・オンジュ(トルコ/14歳)が優勝を挙げた。

ドライコンディションとなった第1レースは、3番グリッドのオンジュ兄がグループ内で優勝争いに競り勝って今季4勝目。9番グリッドのマティアス・メグレ(ドイツ/17歳)は、0.077秒差の2位に入り、自己最高位を獲得すれば、初めて訪れた当地に素早く順応してポールポジションを初めて獲得した眞崎一輝(16歳)は、0.223秒差の3位表彰台。

ウェットコンディションとなった第2レースは、トップを快走していたオンジュ兄が2度の転倒でリタイアすると、第1レースで8位だった7番グリッドのオンジュ弟が今季2勝目。最後尾23番グリッドのケビン・オルジス(ドイツ/17歳)は、1.194秒差で今季2度目の2位を獲得すれば、第1レースで5位だった5番グリッドの山中琉聖(15歳)は、2.288秒差の3位に入り、初表彰台を獲得。

右肘骨折から復帰した2番グリッドの小椋藍(16歳)は、2レース共に優勝、表彰台争いを繰り広げていたが、連続転倒。眞崎は、第2レースで転倒を喫した後に13位でゴール。

チャンピオンシップは、25ポイントを加算した総合1位のオンジュ兄が4位と7位だった総合2位のアレックス・ヴィウ(スペイン/16歳)に17ポイント差、総合3位の眞崎に対しては28ポイント差にアドバンテージを広げた。

次戦オーストリア・レッドブルリンク大会は、レッドブル・リンクで12日に第1レース、13日に第2レースが行われる。

Support for this video player will be discontinued soon.

レッドブル・ルーキーズ・カップ‐第4戦チェコ・ブルノ大会

Support for this video player will be discontinued soon.

レッドブル・ルーキーズ・カップ‐第4戦チェコ・ブルノ大会