初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「グッドなニュースには常に理由がある」

新型フェアリングが有益をもたらし、第7戦カタルーニャGP以来となる今季2度目となる1列目を獲得。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第11戦オーストリアGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.386秒差の3番時計を記録。明日の決勝レースを4戦ぶり2度目の1列目から迎える。

初日に9番手と5番手だった後、2日目はフリー走行3で4番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、4度のコースインで14ラップを周回すると、1分25秒台を5回、1分24秒台を1回記録して、0.659秒差の10番手。

「完璧なラップではなかったけど、ペースは安定していた。新型フェアリングは、僕のライディングスタイルにとって有益だ」

「グッドなニュースには常に理由があると考える。遅かれ早かれ、この前進を果たさなければいけなかった。今週末は簡単ではなく、後方からの始まりとなったけど、ステップ・バイ・ステップで改良して行き、完璧なラップではなかったけど、ペースは安定していた。新型フェアリングは、僕のライディングスタイルにとって有益となるから、他のドゥカティ勢よりも僕を助けてくれる」と、2番手に進出した理由を説明した。

公式予選インタビュー