初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By motogp.com

公式予選:ロドリゴが2戦連続のポールポジション

スリップストリームを巧みに利用したロドリゴとグエバラが1‐2番手。佐々木は18番手。鈴木と鳥羽は26番手と27番手。

第11戦オーストリアGPの公式予選は12日、レッドブル・リンク‐シュピールベルクで行われ、総合18位のガブリエル・ロドリゴが今季2度目のトップタイムをマーク。前戦チェコGPに続き、2戦連続してポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度26度のドライコンディションの中、フリー走行総合で3番手のロドリゴは、前戦を再現するように、スリップストリームを利用して1番時計を刻めば、フリー走行総合で17番手のフアンフラン・グエバラは、今季9度目の転倒を喫した後に0.112秒差の2番手に入り、2戦連続4度目の1列目に進出。

フリー走行総合で11番手のアロン・カネトは、0.187秒差の3番手に入り、今季4度目の1列目を確保。フリー走行総合で18番手のエネア・バスティアニーニ、フリー走行総合で23番手のジョン・マックフィー、フリー走行総合で4番手のボ・ベンスナイダーが2列目、フリー走行総合で9番手のアンドレア・ミニョ、フリー走行総合で2番手のフィリップ・エッテル、フリー走行総合で21番手のファビオ・ディ・ジャンアントニオが3列目に進出。

フリー走行総合で1番手に進出したジョアン・ミルは、0.486秒差の10番手。フリー走行総合で6番手のロマーノ・フェナティは11番手。フリー走行総合で10番手のホルヘ・マルティンは13番手。

フリー走行総合で19番手の佐々木歩夢は、0.806秒差の18番手。フリー走行総合で14番手の鈴木竜生は、今季13度目の転倒を喫して1.467秒差の26番手。フリー走行総合で8番手の鳥羽海渡は、今季13度目の転倒を喫して1.596秒差の27番手だった。

Moto3™クラス‐公式予選