Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「今季のベストレースだ」

ヘレスの14秒差(3位表彰台)、カタルーニャの9秒差(4位)を更新する今季最短のタイムギャップでゴール。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで、フロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドのタイヤを選択。ウォームアップ走行で5番手に進出した後、1列目3番グリッドから11ラップ目までトップを快走。優勝を挙げたチームメイト、アンドレア・ドビツィオーソから6.663秒差の4位に進出し、総合10位から7位に浮上した。

「1列目からスタートして、11ラップ目までレースをリード。そして、優勝者から僅か6秒差でフィニッシュ」

「今季のベストレースだったと考える。1列目からスタートして、11ラップ目までレースをリード。そして、優勝者から僅か6秒差でフィニッシュした。ライバルたちにストレートで大きく遅れてしまい、3ラップ目から燃費をコントロールするためにマッピングを変更したことから、少しパワー不足になってしまい、リアタイヤの右側が消耗してしまったから、上位陣と一緒に走ることができなかった。」

「ものごとはレース毎に良くなっている。より自信を持って走ることができ、バイクのポテンシャルを引き出すことができる。優勝を争うには、コンマ数秒ほど足りないだけ。満足しなければいけない。非常に難しかったレースで優勝を挙げたアンドレアを祝福したい」と、4位進出を喜び、チームメイトの優勝を喜んだ。