Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Repsol Honda

マルケス「バレンティーノは準備を整えて来るだろう」

予選最速者を決定するBMW・M・アワードにおいて、総合2位とのアドバンテージを71ポイント差に拡大。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第12戦イギリスGPの公式予選で、昨年のフリー走行3で樹立したサーキットベストラップを自ら更新する最速時計を記録。第9戦ドイツGPから4戦連続、最高峰クラスで43度目、シルバーストンで2年ぶり6度目、キャリア通算71度目のポールポジションを奪取した。

初日は、2度の転倒を喫して初日総合5番手。2日目は、フリー走行3で7番手。フロント、リア共にハードコンパウンドを装着したレースシミュレーションのフリー走行4は、2度のコースインで12ラップを周回すると、2分02秒台を2回、2分01秒台を最多の4回記録して4番手。

「良い感じがあるときは、ストロングにアタックできる。初日はアタックしたけど、全てに良い感じがなく、転んでしまった。このトラックは厳しい箇所が多いから、正直、2分00秒を突破できるとは期待していなかった。レースペースは悪くない。」

「バレンティーノが勝つ状態ではないって?僕は彼を考慮する。今日は僕とのタイム差がほんの僅かだった。すごく速い。明日は優勝争いに向けて準備を整えて来るだろう。レースペースを見れば、カルはとても速い。マーベリックもすごく良いペースで走っている。次に来るのは、バレンティーノとドビ。もしかしたら、それほど強くないかもしれないけど、優勝争いには加わって来るだろう。」

「リアタイヤに迷いがある。フロントはハード。リアに関しては、ホンダ勢が硬めに選択となるだろう。気温次第。気温が低かった今日の午前は、ミディアムを履いて、ほぼレースの周回数でグッドなタイムが出ていた」と、予選を振り返り、決勝レースのライバルたちとタイヤ選択を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー

Support for this video player will be discontinued soon.

1

マルク・マルケスのポールポジションラップ

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!