Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「全てが上手く行けば、3位争いができる」

1列目からスタートする最高峰クラス300戦目のメモリアルレースで、4戦ぶり5度目の表彰台に挑戦。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第12戦イギリスGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.084秒差の2番時計を記録。明日の決勝レースを2戦ぶり5度目の1列目から迎える。

「戦闘的になりたい。表彰台を争いたい」

初日は5番手と2番手。初日総合2番手に進出した後、2日目は、フリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロントにハード、リアにミディアムのコンパウンドを選択した最初のコースインで、2分02秒台を1回記録。リアをミディアムからハードに履き替えた2度目のコースインでは、2分01秒台を4回記録して9番手だった。

「今日記録したラップタイムが嬉しい。1列目からのスタートは常に重要だから、僕たちの仕事に満足。2本目のタイヤでグレートなラップを実現させた。レースに関しては、100%落ち着けない。僕のペースはファンタスティックではない。周回を重ねて行くと、バイクは大きく滑り始め、走らせるのが難しくなってしまう。今日と明日、解決する時間がある。戦闘的になりたい。表彰台を争いたい。もし全てが上手く行けば、3位争いができるだろう」と、2日目を振り返り、決勝レースの目標を説明した。

公式予選インタビュー

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!