Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「僕たちはライバルたちよりも問題が少ない」

ムジェロ、カタルーニャ、オーストリアを再現するレース展開で優勝を挙げ、ポイントリーダーに再浮上。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第12戦イギリスGPの決勝レースで、2列目6番グリッドからリアタイヤを温存しながらトップグループに位置すると、ラスト3ラップに満を持してトップに飛び出し、2戦連続4勝目、最高峰クラスで6勝目、キャリア通算15勝目を挙げ、第8戦TTアッセン以来ポイントリーダーに返り咲いた。

「全員がタイヤを温存していた。僕は最速ではなかったけど、適した場所で、マーベリックに競り勝つために、バイクをどうすべきか分かっていた。タフなレースだったけど、これはポイントリーダーに返り咲く、非常に重要な勝利だ。」

「僕は最速ではなかったけど、適した場所で、マーベリックに競り勝つために、バイクをどうすべきか分かっていた。タイヤのマネージメントができる」

「サプライズだった。速く走れること、アタックを仕掛けられることは分かっていたけど、ホンダ勢が非常に速く、彼らと闘えるとは思っていなかった。レースはプラクティスとは異なる展開となり、このようなことが頻繁に起きる。彼らはプラクティスと同じような走りができず、僕たちはタイヤのマネージメントができるから、レースでは非常に強い。レース終盤、僕たちは彼らよりもトラクションがある。」

「僕たちは懸命に働いているけど、ライバルたちの浮き沈みと僕たちのポジティブな時期が重なって、他よりも問題が少ないこともあり、僕たちはトップに進出する。タイヤは非常に特殊で、これが浮き沈みの原因となっている。僕たちはタイヤの良い仕事をしている。」

「ミサノはドゥカティにとって、グレートなトラックではないけど、僕たちは良い仕事をしている。大きなモチベーションを持って乗り込む。全力を尽くそう。シルバーストンでは表彰台の獲得が難しいように思われたけど、優勝することができた。自信が増しているから、ものごとが完璧に進まないときも含め、良い仕事をしている。毎戦、多くのライダーたちに優勝の可能性があり、チャンピオンシップはオープンだ。ペドロサを含めて、僕たち5人にオプションがある」と、レースの勝因とポイントリーダーに再浮上した理由を説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー

It's been a good year at @ducatimotor ???? // ???????????????? #BritishGP #MotoGP

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -