Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

SIC58・スクアドラ・コルセ、2年後の中量級進出を計画

故マルコ・シモンチェリの意志を継いだチームが、フル参戦3年目となる2019年に中量級への参戦を希望。

SIC58・スクアドラ・コルセの代表であるパウロ・シモンチェリは6日、『シモンチェリ財団』がイタリア・コリアーノ市内に建設中の児童障害者センターを公開した際に、参戦1年目の今シーズンを評価。新体制となる来シーズンへの期待を語り、参戦3年目となる2019年には、中量級に参戦する意向を明かした。

「ライダーを探しことを考えていませんでしたが、トニー・アルボリーノが他のチームに移籍することから、彼の後任を考えることを強いられました。ニッコロ・アントネッリと接触し、彼が我々に加入することを喜んでくれました。来年は、ニッコロと鈴木竜生を起用します。」

「私はニッコロを起用することを嬉しく思い、我々は彼が上手くやれることを期待します。今季は難しいシーズンとなっていますが、もしかしたら、ホームの雰囲気の中で上手くやれるかもしれません。」

「マルコを支援してくれたスポンサーたちの対応に驚いていることを言わなければいけません。彼らは我々と共に前進することを望み、我々に賛同する新たなスポンサーもいます。我々のプロジェクトは、2019年に中量級のチームを結成することです。成功を願い、夢を見るには何も費用がかかりません」と、説明した。

推奨記事