初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By worldsbk.com

ファン・デル・マーク「信じられないバイクだろう」

ロッシの負傷代役に指名された24歳のオランダ人ライダーが、デビュー戦を前に心境を語った。

モビスター・ヤマハ・MotoGPからバレンティーノ・ロッシの負傷代役として、モーターランド・アラゴンで開催される次戦アラゴンGPに起用されることが決定した24歳のオランダ人ライダー、マイケル・ファン・デル・マークは、スーパーバイク世界選手権のオフィシャルウェブサイト、『www.worldsbk.com』のインタビューに応え、期待と抱負を語った。

「とても嬉しい。バレンティーノのバイクを走らせる機会を得たことに、ワクワクしている。信じられない機会だけど、非常に困難な週末になるだろう。バイクをテストする機会がない。タフな週末になることを覚悟しているけど、僕に提供してくれたこの機会を楽しみたい。」

「バレンティーノの怪我を知ったとき、代役が必要になることは分かっていた。僕のパーソナルパネージャーがリン・ジャービスに状況を確認するために接触すると、アラゴンに代役が必要だということで、2つほどのオプションがあり、最終的に僕を選んでくれた。」

「R1とM1の違いを説明するのは難しい。全く異なるバイクだけど、世界最高峰のベストバイクの1台であるM1を走らせることが本当に嬉しい。何が待っているのか分からない。カーボン製のブレーキやタイヤなど全てが違う。正直、何が待っているのか分からないけど、信じられないバイクだろう」と、心境を語った。

インタビューの全文は、スーパーバイク世界選手権のオフィシャルウェブサイト、『www.worldsbk.com』まで。