Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Team Suzuki Ecstar

イアンノーネ「フィーリングの改善にトライしよう」

悪天候が理由でプライベートテストのキャンセルが強いられたが、テストライダーが収集した情報に期待。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPでレインスーツの圧迫が原因で2戦連続5度目のリタイアを強いられた後、中量級に参戦した2010年に優勝、最高峰クラス3年目の2015年に4位を獲得したモーターランド・アラゴンで、3戦ぶり6度目のポイント圏内、6戦ぶり3度目の1桁台進出を目指す。

「アラゴンでは、ここ数戦よりもベターなリザルトを見られることを願う。モーターランド・アラゴンは、とてもナイスで、良い思い出がある。ミサノでは僕もアレックス(・リンス)も計画していたテストを実行できなかった。シルバン(・ギュントーリ)がエンジニアたちに非常に重要なフィードバックを与えていたから、その情報がアラゴンで僕たちの役に立つことを期待する。」

「GSX-RRを走らせることが待ち切れない。3連戦に向けて、僕たちのアプローチをプッシュするために、ポジティブなレースができるようにフィーリングの改善にトライしよう」と、週末の抱負と期待を語った。