Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By Repsol Honda

マルケス「リスクを背負って走る意味がない」

タイトル争いと気象状況を考慮し、リスクを回避する走りで、1番手と4番手に進出。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第14戦アラゴンGPの初日、フリー走行1で今季27度目の1番時計を記録。2戦連続3度目の1番手発進を決めると、フリー走行2は、トップタイムから0.601秒差の4番手に後退。

「明日は雨が降らないから、リスクを背負って走る意味がない。リスクを最小限に抑える必要がある」

「少しだけ結論を出した1日となった。明日は雨が降らないようだから、リスクを背負って走る意味がない。リスクを最小限に抑える必要がある。多くのライダーたちは、ウェットでリスクを冒さなかった。明日はドライコンディションになることが分かっているから、あまり意味がない。マーベリックが後方に位置していることには驚いた。各トラックで異なるようだ。アラゴンは少し苦しむようだけど、全てのコンディションに対応することが最も重要だ」と、転倒を回避したことを説明した。

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!