Tickets purchase
VideoPass purchase
News
29 days 前
By Ducati Team

ロレンソ「公式予選1に出走したことが良かった」

今季5度目となった公式予選1で1番手通過した後、公式予選2で今季最高位タイとなる2位を獲得。

ドゥカティ・チームのホルヘ・ロレンソは、第14戦アラゴンGPの公式予選、ポールポジションタイムから0.100秒差の2番時計を記録。明日の決勝レースを今季3度目の1列目からスタートする。

初日に6番手と2番手だった後、2日目は、フリー走行3で11番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロントにミディアム、リアにソフトを装着すると、1分50秒台を4回、1分49秒台を6回記録して、トップタイムから0.706秒差の6番手。

「走行距離を稼ぐことが許された。グッドなスタートが切れれば、グッドなレースができる」

「1列目で終えることができた。午前のフリー走行3で離されていたことを考えれば、ポジティブなリザルトだ。正直、公式予選1に出走したことで、走行距離を稼ぐことが許されたから良かった。このバイクをすごく気に入り始めているフリー走行4のリズムはすごく良かった。グッドなスタートが切れれば、グッドなレースができる。この2番手は、今シーズンで最も期待していなかった順位だ」と、明日の決勝レースに自信を見せた。

公式予選インタビュー