Tickets purchase
VideoPass purchase
News
26 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

KTMが終盤4戦と来季に向けて準備

レギュラーライダーのエスパルガロ弟とスミス、最終戦の参戦が決まったテストライダーのカリオがテストを実行。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングは26日から2日間、第14戦アラゴンGPが開催されたモーターランド・アラゴンに延滞して、プライベートテストを実行。気温25度、路面温度35度のドライコンディションに好天候に恵まれた中、今季2度目のトップ10入りとなる10位に進出した総合17位のポル・エスパルガロと11度目の完走となる19位だった総合23位のブラッドリー・スミスが、フル参戦2年目となる2018年に向けて開発中のプロトタイプマシンと改良型のフェアリングをテスト。

今回のテストには、今季3度目のワイルドカード参戦で11位に進出したテストライダーのミカ・カリオと今季スーパーバイク世界選手権に参戦していた23歳のドイツ人ライダー、マルクス・ライターベルガーを招集。4名がテストプログラムを実行した。