Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「闘い続けなければいけない」

都内で開催されたヤマハのイベントで、タイトル争いに挑戦すること力強く主張。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、前戦アラゴンGPの4位で総合1位とのギャップが16ポイント差から28ポイント差に広がった後、2年前に転倒リタイア、昨年3位表彰台を獲得したツインリンクもてぎで、総合2位との12ポイント差に挑戦する。

「次戦は日本。僕にとって非常に特別だ。お気に入りの1戦というだけでなく、ヤマハのホームレース。良い仕事がしたい。タイトル争いを続けるために重要となる多くのポイントを稼ぎたい。今後のレースは、いつも以上に仕事にトライすることが必要で、シーズンの終盤を締め括るのは簡単なことではなく、チャンピオンシップのリーダーと僕との間にはギャップがあるけど、高いモチベーションを持って仕事に取組み、闘い続けなければいけない。素晴らしいファンのサポートを受け、僕たちは100%を発揮できるはずだ」と、明白な目標を語った。

ヤマハ・ライダーズミーティング~インタビュー