Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「年間を通じてのチャレンジ」

タイトル争いのライバルたちから1.4秒差の11番手。リアグリップを高めるために、セッティングの改善を強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第15戦日本GPの初日、フリー走行1で9番手。フリー走行2は、初日総合のトップタイムから1.499秒差の11番手に後退した。

「ウェットコンディションでストロングになることに年間を通じてチャレンジしている。今のところ、グッドなセットアップが見つかっていない」

「不可能のようだ。バイクは限界。ウェットコンディションでストロングになることに年間を通じてチャレンジしている。今のところ、グッドなセットアップが見つかっていない。フロントのグリップはすごく高いけど、リアのグリップを高めるために、バイクのセッティングを改善しなければいけない。」

「ライバル勢は、同じタイヤを履いて、僕たちを大きく引き離した。問題を引きずっている。コンディションは本当にトリッキーという訳ではない。トラックのグリップレベルは良いから残念だけど、解決策を見つめるためのセッションが残っている」と、状況を説明した。