Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Octo Pramac Racing

ペトルッチ「トップ3入りは想定外」

第9戦ドイツGP以来の2番グリッド、今季4度目の1列目から今季4度目の表彰台に挑戦。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第15戦日本GPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.318秒差の2番手。自己最高位タイとなる2番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

初日総合6番手だった後、2日目は、フリー走行3で11番手、フリー走行4で4番手。公式予選2は、最初のコースインでフロントにウェットのミディアム、リアにソフトを選択。2度目のコースインでは、リアをエクストラソフトに履き替えて、タイムアタックを敢行。

「本当のことを言えば、トップ5入りを考えていたけど、トップ3入りは想定外。自信がある」

「実は食あたりで苦しんでいたけど、少し体調が良くなり、ウェットだとそれほど負担にならない。午前のフィーリングは完璧ではなかったし、思ったように速く走ることができなかったけど、予選では、時間を最大限に活かすグッドな作戦が上手く行った。トラックは濡れていて、スリックを使用するほど乾いていなかった。本当のことを言えば、トップ5入りを考えていたけど、トップ3入りは想定外。どんな状況に対しても準備はできている。自信がある」と、会心の笑みで2日目を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー