Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「完璧なブレーキングだった」

シーズン最多タイとなる今季5勝目を挙げ、総合1位とのギャップを16ポイント差から11ポイント差に接近。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第15戦日本GPの決勝レースで、9番グリッドからタイトル争いのライバル、マルク・マルケスとの優勝争いに競り勝ち、第12戦イギリスGP以来今季5勝目、最高峰クラスで6勝目、ツインリンクもてぎで125ccクラスのタイトル獲得に成功した2004年以来2勝目、キャリア通算16勝目を挙げた。

「僕は準拠者のように思われるかもしれないけど、本当はそうではないんだ。リスクを背負って走った」

「難しいレースだった。序盤はグリップがなく、バイクのグッドなフィーリングがなかったけど、僕は決して屈しなかった。これが違いとなった。マルクは非常に速く、最後までトライしてきた。幾つかのコーナーでアタックを仕掛けてきたけど、最終ラップにミスを犯したから、それが彼を捕まえる機会となり、11コーナーで勝負に出た。」

「僕のバイクはブレーキングが最高。完璧なブレーキングだった。最後の2コーナーでアタックを仕掛けて来ることは分かっていたから、スペースを閉じた。ここで勝つことが本当に重要だった。」

「テレビでは、分からないと思うけど、マルクと比べれば、リスクをあまり冒さない。準拠者のように思われるかもしれないけど、本当はそうではないんだ。今日は、ダニロとマルクを追いかけるために、リスクを背負って走った」と、マルケスとのバトルに競り勝ったレースを振り返り、周囲の評価を一蹴した。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー

How many wins this season? ???????? // @andreadovizioso @gopro #JapaneseGP #MotoGP

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -