Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「これが今日のベスト」

来季に向けての仕事に集中と説明した翌日の決勝レースで9位。総合1位とのギャップが41ポイント差に拡大。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第15戦日本GPの決勝レースで、14番グリッドから36.575秒差の9位。総合1位とのギャップが、28ポイント差から41ポイント差に広がった。

「必要なリスクを背負い、全力を尽くした。これが今日の現状の中でのベストなんだ」

「午前中に15位以内の進出にトライしようと考えていたから、ものごとがもう少し悪くなると思っていた。序盤から思いっきりプッシュした。必要なリスクを背負い、全力を尽くした。これが今日の現状の中でのベスト。これからは、オーストラリアのことだけを考えないと。」

「全てのポイントを稼ぐまでは、チャンピオンシップに勝つ可能性は分からない。当然、オーストラリアでは異なる状況に立ち向かうことになる。バイクもタイヤも違う。何が待っているのか分からないけど、大好きなトラックだ。待ち切れない」と、2月のオフィシャルテストで総合1番手に進出した次戦の開催地、フィリップアイランド・サーキットに向けて、気持ちを切り替えた。

タイトル争いから引き離されたヤマハの両雄