Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「明日は自分のレースをする」

41ポイント差の挽回に向け、2番グリッドからプッシュ、ライバルたちにプレッシャーをかけに行くことを宣言。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第16戦オーストラリアGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.333秒差の2番時計を記録。明日の決勝レースを今季7度目の1列目から迎える。

初日に5番手と5番手に進出した後、2日目は、フリー走行3で13番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、最初のコースインでフロント、リアタイヤ共にミディアムコンパウンドを選択し、1分31秒台を4回記録。2度目のコースインでは、フロント、リアタイヤ共にソフトコンパウンドに履き替えて、1分30秒台を4回記録して8番手だった。

「僕はプッシュする。ライバルたちにプレッシャーをかける」

「正直、期待以上に良い結果だ。フリー走行4でバイクの良い感じがなかった。タイヤ、特にフロントタイヤが違うから、ウインターテストのようなグレートなフィーリングがなかったけど、予選の2度目のコースインで良い感じを得て、プッシュすることができた。これが嬉しい。今週末、僕たちは少し苦戦していたけど、方向性は見つかったと思う。明日、ベストを尽くせるようにトライしよう。」

「ドライコンディションになることを期待するけど、ウェットで改良する手段が見つかっている。多くのことを学んだ今日のプラクティスが嬉しい。明日は自分のレースをする。当然、僕はプッシュする。ライバルたちにプレッシャーをかける。全力を尽くそう」と、2日目を振り返り、タイトル争いのライバルたちに重圧をかけに行くことを強調した。

公式予選インタビュー

P2 on Qualy, tomorrow more ✊???? P2 en el clasificatorio, mañana más ✊???? #25gang #mvk

Maverick Viñales Officialさん(@maverickvinales25)がシェアした投稿 -