Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「マルケスに対して、どうするって?何かをするつもりはない」

フリー走行3で1番手だった後、優勝を挙げた第8戦TTアッセンを再現する2列目4番手を確保。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第17戦マレーシアGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.286秒差の4番時計を記録。明日の決勝レースを2度目の2列目から迎える。

初日に12番手と6番手だった後、2日目は、フリー走行3で今季3度目となる1番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、フロントタイヤにミディアムコンパウンド、リアタイヤにハードコンパウンドを選択すると、2分01秒台を6回記録して9番手。

「僕は自分のレースをする。表彰台争いをするために速く走りたい。いつものように自分のレースをしよう」

「マルケスに対して、どうするって?なぜ?彼は2年前に何をした?僕はプレスカンファレンスで何か悪いことを言った?最終的には何もしなかった。僕も何かをするつもりはない。冗談は置いといて、僕は自分のレースをする。表彰台争いをするために速く走りたい。いつものように自分のレースをしよう。」

「全体的にグッドな1日となった。午前からバイクの良い感じがあり、予選はトップ5、6が非常に接近していたから、まだ仕事を続けた。プッシュして、グッドなラップにして、上手く走ることにトライした。ラップタイムはOK。1番手に位置していたことを見たけど、その後に他のライダーたちがタイムを伸ばした。」

「4番手はグッドなポジションだけど、まだ幾つかの場所で十分に速くないから、バイクのバランスの仕事をしなければいけない。タイヤ選択と気象状況は、非常に重要となるだろう。まだ、フロント、リア共に使用するタイヤがオープンな状態。スリックでレースができるように、好天候となることを願う」と、2日目を振り返った。