Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Idemitsu Asia Talent Cup

イデミツ・アジア・タレント・カップ~オンジュ兄が1ポイント差でチャンピオン

14歳のトルコ人ライダー、オンジュ兄が4代目の王者に輝き、参戦1年目の埜口が総合2位に進出。

イデミツ・アジア・タレント・カップの最終戦となるマレーシア・セパン大会は、週末に第17戦マレーシアGPの併催として、セパン・インターナショナル・サーキットで開催。総合6位のジャン・オンジュ(トルコ/14歳)が2連勝を挙げ、デェニス・オンジュ(トルコ/14歳)が7位と4位に入り、1ポイント差でチャンピンに輝いた。

第1レースは、4番グリッドのオンジュ弟が独走。今季3勝目を挙げれば、7人による2位争いは、8番グリッドのジェリー・サリム(インドネシア/20歳)が競り勝ち、2番グリッドの國井勇輝(14歳)が3位表彰台を獲得。

第2レースは、オンジュ弟が連勝。第1レースで5位だった6番グリッドの埜口遥希(16歳)は2位に入り、今季5度目の表彰台を獲得。國井は連続の3位表彰台。

他の日本勢は、山中琉聖(15歳)は5番グリッドから6位と6位。中島元気(18歳)は11番グリッドから8位と7位。平間光司(16歳)は7番グリッドから9位と5位。鈴木光来(16歳)は13番グリッドから11位と12位。鈴木大空翔(15歳)は18番グリッドから13位と11位。斉藤魁(16歳)は19番グリッドから12位と13位だった。

チャンピオンシップは、オンジェ兄が156ポイント差でチャンピオン。埜口遥希(16歳)は1ポイント差の総合2位。オンジュ弟は総合6位から3位に浮上し、山中は総合4位、國井は総合5位だった。

Support for this video player will be discontinued soon.

イデミツ・アジア・タレント・カップ‐最終戦マレーシア・セパン大会

Support for this video player will be discontinued soon.

イデミツ・アジア・タレント・カップ‐最終戦マレーシア・セパン大会

End of Season Ceremony #idemitsu #asiatalentcup #honda #hrc #accenture #ceremony #sepanginternationalcircuit

Asia Talent Cupさん(@asiatalentcup)がシェアした投稿 -

推奨記事