Tickets purchase
VideoPass purchase
News
17 days 前
By Octo Pramac Racing

ペトルッチ「表彰台の機会を逃してしまった」

最後尾から6位まで挽回したが、逆転を狙っていたインディペンデントチームライダーのタイトルを逸した。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第17戦マレーシアGPの決勝レースで、ウォームアップラップ中に技術問題が発生したことから、2号車に乗り換え、最後尾からのスタートを強いられたが、6位まで挽回。総合6位とのギャップが27ポイント差から33ポイント差に広がったことから、インディペンデントチームライダー勢の最高位進出の可能性を失った。

「難しいレースだったから6位が嬉しい。バイクに問題が発生してしまい、最後尾からのスタートを強いられた。すごく良いスタートだったけど、序盤は大変苦戦した。レース中はトラクションが得られなかったけど、ベストリザルトを獲得するためにプッシュした。正直、表彰台争いをする機会を逃してしまったと思う」と、レースを振り返った。