Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「悪くないけど、喜べない」

最高峰クラス18年目、通算22年目のシーズンラストレースを3列目7番グリッドから迎える。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、最終戦バレンシアGPの公式予選で、ポールポジションタイムから0.951秒差の7番時計。明日の決勝レースを3列目から迎える。

初日18番手と9番手だった後、2日目はフリー走行3で8番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、最初のコースインでフロントにミディアムコンパウンド、リアにソフトコンパウンドを装着すると、1分32秒台を3回記録。2度目のコースインでは、リアをミディアムコンパウンドに履き替え、1分32秒台を4回、1分31秒台を2回記録して8番手を維持。

「このバイクを最初に乗ったときから非常に悪かった。プッシュするために必要な信頼感がなかった。最終戦だけど、それほど解決しなかった」

「悪くないけど、喜ぶことはできない。グッドなラップだったけど、最終コーナーで非常に強く進入してしまった。離されていない。ポジションは悪くない。僕のポテンシャルは2列目なんだ。心配なのはペース。ファンタスティックではない。数周後に遅くなってしまい、バイクの良い感じがない。4~5人との間でタフなバトルとなるだろう。」

「僕自身のことを話せば、このバイクを最初に乗ったときから、非常に悪かった。1年を通じて全てを試し、トンネルの先に光が見えたようだったけど、次のレースでまた困難なことに出くわしてしまった。その繰り返しで、プッシュするために必要な信頼感がなかった。最終戦だけど、それほど解決しなかった。日本人のエンジニアたちは、ここから3月まで、来年に向けて何をするかのハッキリしている。」

「明日はグレートなレースになると考える。マルケスは最も強かったから、勝利に向けてトライするだろう。ドビは難しいようだ。勝たなければいけない。ゼロになるかもしれないけど、勝利に向けてトライすべきだろう」と、7番手だった予選とシーズンを評価し、タイトル争いを語った。

Go time✊️ // @valeyellow46 #ValenciaGP #FinalShowdown #MotoGP #Rossi #Yamaha

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -