Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「幾つかのエンジンを試した」

来季使用するエンジンの方向性を決断するため、3基のM1エンジン(16年型、17年型、18年型)を比較検証。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、最終戦バレンシアGPの公式予選後、オフィシャルテストで使用を計画していた16年型YZR-M1を決勝レースに投入することを決断。モンスター・ヤマハ・テック3から1台の16年型シャーシを借り、17年型エンジンをはじめ、他のパーツを載せ換えると、ウォームアップ走行で8番手、決勝レースで5位に進出。

最高峰クラス19年目、通算23年目となる2018年シーズンに向け、サーキット・リカルド・トルモで開催された最初のオフィシャルテストに参加すると、3台のM1(16年型シャーシ+16年型エンジン/16年型シャーシ+17年型エンジン/17年型シャーシ+18年型エンジン)を比較。今回のテストのために準備された新型フェアリングを検証。

1日目は、17年型シャーシ+18年型エンジンのM1で走行中に10コーナーで転倒を喫したが、10度のコースインで63ラップを周回すると、1分31秒台を18回、1分30秒台を1回記録し、トップタイムから0.330秒差の4番手。

2日目は、12度のコースインで62ラップを周回すると、1分31秒台を8回、1分30秒台を3回記録し、0.691秒差の7番手、初日のタイムで総合5番手。

「幾つかのエンジンを試し、決断しなければいけなかったから、やるべきことが幾つかあった。長い1日となったけど、ポジティブだ。僕たちはエンジンの仕事に集中し、何も大きなことではなかったけど、幾つかのことも試した。最終的にはそれほど悪くなかった。エンジンのことをメインに試したけど、まだ何も分からない。マレーシアが楽しみだ」と、エンジンの方向性を決断するために、テストプログラムを実行したことを説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPは、第18戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットに移動。来週、2日間のプライベートテストを実施する。