初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Red Bull KTM Factory Racing

スミス「これがKTMの進歩だ!」

終盤戦の課題克服に向けて、2日間のバレンシアで92ラップ、3日間のヘレスで142ラップを周回。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングのポル・エスパルガロは、サーキット・リカルド・トルモで開催されたオフィシャルテストで合計92ラップを周回して1.169秒差の総合12番手だった後、5月の第4戦スペインGPで6列目16番グリッドからポイント圏内の14位に進出したヘレス・サーキットに戻って来ると、新型スイングアームの検証とシャーシと電子制御のテストに取り組み、7番手、10番手、5番手に進出。

「タイヤのパフォーマンスを失わず、レース後半にグリップが得られるように、バイクのリアエンドに集中した。シーズンの終盤は、序盤で強かったけど、徐々に離されてしまったから、この改善がバレンシアとヘレスでの目標だった。時間をかけて重要な前進を果たしたと感じる。ラップタイムには集中せず、将来の方向性を確定するため、5日間はリアショックのセッティングとスイングアームに集中した。」

「当然、2つのトラックは特性が異なるから、大量のデータを収集した。ヘレスは、低速と高速コーナーの組み合わせで、ハードブレーキングのコーナーもあるから、機能すること、機能しないことのハッキリしたアイデアを持つことができた。幾つかの改善と前進に加え、僕が乗れていることが嬉しい。今、このバイクでフリップアイランドを走らせたいけど、これがKTMの進歩だ!少し余裕があっての1秒差弱は、今後の計画とこの時期を考えれば、受け入れられる」と、合計で142ラップを周回した後、改善を果たせたことを喜んだ。

1日目: 1分39秒353 (1.073秒差/46ラップ)
2日目: 1分38秒900 (1.237秒差/47ラップ)
3日目: 1分38秒688 (0.702秒差/49ラップ)
 
第4戦スペインGP
公式予選1: 1分39秒321 (6番手)
決勝レース: 1分41秒541 (5ラップ目/14位)
 
プライベートテスト
1日目: 1分38秒280 (アンドレア・イアンノーネ)
2日目: 1分37秒663 (アンドレア・ドビツイオーソ)
3日目: 1分38秒030 (アンドレア・イアンノーネ)

サーキットレコードラップ: 1分38秒735 (15年‐ホルヘ・ロレンソ)
サーキットベストラップ: 1分37秒910 (15年‐ホルヘ・ロレンソ)