初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Dainese Group

ロッシ、ウィチョル風のヘルメットを準備

メキシコの山岳地帯に暮らす先住民・ウィチョル族の独特な伝統芸術を参考にしたヘルメットを準備。

ダイネーゼ・グループは27日、バレンティーノ・ロッシが27日から2日間、セパン・インターナショナル・サーキットで実施する2018年シーズンに向けたプライベートテストを前に、プレシーズンで使用するスペシャルヘルメットを発表。バカンスで訪れたメキシコを代表するウィチョル族の伝統芸術からヒントを得て、ドゥルディ・パフォーマンスがヘルメットのデザインを担当した。

「太陽、月、亀といった僕のシンボルがたくさん使われていたから、見た瞬間にウィチョル族の芸術に興味をそそられていた。僕たちは、メキシコ人たちがこれらの対象に色や形で表現するために使用するビーズの効果を、バレンティーノ・ロッシ風に再現してみた。ヘルメットは本当に良い出来栄え。アルド・ドゥルディは素晴らしい仕事をしてくれた。特にダビデ・ディ・イノチェンティ(グラフィック&カラーリング責任者)は、ビーズを1つ1つをブラシで作ってくれた。ヘルメットは、以前に見たことのない芸術作品になったと言えるかもしれない」と、ロッシはデザインを絶賛した。