Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By TT Circuit Assen

アッセンがシケイン手前のスタンドを改築

近代化計画の第二段階として、より快適な観戦を提供する目的で約5.3億円を投じて観客席を改築。

第8戦TTアッセンの開催地、TTサーキット・アッセンは8日、15コーナーから最終シケインの始まりとなる16コーナーまでの観客席を改修することを発表。来年6月29日の開幕、7月1日の決勝レースに向けて改築工事を着工した。

今年始め、総額1600万ユーロを投資する近代化計画の第一段階として、メインスタンドから1コーナーの手前までの観客席を改修。今回は400万ユーロを投じ、全長308メートル、高さ13メートル、9100人の座席を準備し、より快適な観戦を提供する。

チャンピオンシップが始まった1949年から継続開催する当サーキットは、昨年6月にドルナスポーツとの間で、2021年から2026年までの延長開催に関して合意。昨年4月には、2017年から2021年までスーパーバイク世界選手権の開催に関しても合意していた。来年最初のイベントは、同選手権の第4戦ダッチ・ラウンド。

Support for this video player will be discontinued soon.

TTサーキット・アッセンの観客席改築工事