Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By motogp.com

オフィシャルテスト~28日からスタート

18年シーズンに向け、6メーカー12チーム24名のトップライダーたちが今月下旬、マレーシアのセパンに集結。

Tags MotoGP, 2018

最高峰クラスをはじめ、中量級と軽量級は、3月16日に開幕、18日に決勝レースが行われる開幕戦カタールGPを視野に、それぞれ3度のオフィシャルテストを実施。史上最多となる全19戦のシーズンに向けて本格的な準備を進める。

最高峰クラスは、毎年最初のオフィシャルテストの会場に指名される第18戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで始まり、チャンピオンシップ初開催となる第17戦タイGPの開催地、チャーン・インターナショナル・サーキットを初めて訪れ、3月には事前テストとして、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われる。

軽量級と中量級は、比較的温暖な気候に恵まれるスペインのバレンシアとヘレスでテストを行い、クラス別に1日3度のセッションを実施する。

最高峰クラス
1月28日~30日: セパン・インターナショナル・サーキット
(10時00分~18時00分)
2月16日~18日: チャーン・インターナショナル・サーキット
(9時30分~17時30分)
3月1日~3日: ロサイル・インターナショナル・サーキット
(13時00分~21時00分)
軽量級クラス&中量級クラス
2月6日~8日: サーキット・リカルド・トルモ
(9時30分~17時30分)
2月12日~14日: ヘレス・サーキット
(10時00分~18時00分)
3月6日~8日: ヘレス・サーキット
(10時00分~18時00分)

日本との時差は、マレーシアで1時間遅れ、タイで2時間遅れ、カタールで6時間遅れ、スペインで8時間遅れ。

当サイトの『VideoPass』では、オフィシャルテストのハイライトビデオとインタビュービデオを配信。