初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Kiefer Racing

キーファー・レーシング、18年はエガーターの1人体制

資金不足が原因で1人体制。コルテセはスーパースポーツ世界選手権の転向を検討。

キーファー・レーシングは10日、チームの活動を継続するため、複数の投資家と交渉を進めてきたが、合意に至らず、18年シーズンは昨年から起用するドミニケ・エガーターの1人体制で参戦することを発表。予定通りに、KTMのマシンを使用するが、サンドロ・コルテセの起用を断念した。

Moto3™クラス初代王者のドイツ人ライダーは、中量級の継続参戦を希望する一方で、ミカ・カリオが支援するスーパースポーツ世界選手権のカリオ・レーシングをはじめ、複数のチームと交渉を進めている。