Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

24日からファクトリーテストがスタート

今年最初のオフィシャルテストに先駆け、6メーカー、10名のテストライダーたちがセパンに集結。

最高峰クラスに参戦する6メーカーは、第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットで28日から始まる今年最初のオフィシャルテストを前に、24日から3日間のテスト、ファクトリーテストを実施。10名のテストライダーたちが集結する。

17年シーズンに3冠を達成したホンダは、2人のテストライダー、青山博一と高橋巧に加え、昨季スーパーバイク世界選手権に初参戦した元中量級王者のステファン・ブラドルを初招集。マルク・マルケス、ダニ・ペドロサ、カル・クラッチローが18年型RC213Vの本格的なテストを始める前に、初めての3人体制で準備を進める。

15日のチーム発表会でデスモセディチGP18を初披露したドゥカティは、テストライダーとして3年目を迎える元王者ケーシー・ストーナーと今季も3度のワイルドカード参戦を予定するミケーレ・ピロが参加。

タイトル奪回を狙うヤマハは、中須賀克行に加え、昨年の日本GPでジョナス・フォルガーの病欠代役を務めた野左根航汰が参加すれば、スズキは昨年のシーズン途中からテストライダーに指名された元スーパーバイク世界選手権王者のシルバン・ギュントーリを起用。

参戦2年目となるKTMは、昨年10月にテストライダーとして契約を更新し、今季5戦のワイルドカード参戦が決定しているミカ・カリオが参加。飛躍を目指すアプリリアは、スーパーバイク世界選手権の参戦経験があるマティオ・バイオッコをテストライダーに指名。昨年11月にヘレス・サーキットで実施したプライベートテストの際に招集されたユージン・ラバティは、23日からフル参戦するスーパーバイク世界選手権のプライベートテストに参加。

青山、高橋、ブラドル、ピロ、中須賀、野左根、ギュントーリ、カリオの8名は、オフィシャルテストにも参加する予定。

推奨記事